ハイドロキノン、脇の黒ずみに使える?

アットベリー↓脇の黒ずみに効果抜群!

顔のシミに処方されたハイドロキノン・・脇の黒ずみに使える?

 

日本でもハイドロキノンが一般的に使用されるようになってきました。

 

低濃度のクリームは市販でも販売されており、効果はそれほど強くないものの、今までシミに悩まされえきた人にとって救世主となっているようです。

 

 

このハイドロキノンは肌の漂白剤とも言われており、レーザーでしか消せなかった大きなシミも、薄くすることが可能です。

 

そのためには、ある程度の濃度が必要なのですが、副作用の心配があるため皮膚科でしか手に入れることができません。

 

医師の指導の下、正しい使い方をしないと危険な成分でもあるのです。

 

ハイドロキノン

 

最近は、多くの皮膚科でシミ取りクリームとしてハイドロキノンを処方しています。

 

病気ではないため保険適用にはなりませんが、高濃度のハイドロキノンを手に入れることは簡単なのです。

 

もちろん、皮膚科医の指示に従って正しい使い方をすることが前提で、処方されているクリームです。

 

ですから、脇の黒ずみに勝手に使ってはいけないのです。

 

ハイドロキノン処方

 

「顔に効果があったから、脇の黒ずみにも使えるだろう」そう安易に考えてしまうと、後悔することになりかねません。

 

なぜなら、ハイドロキノンは肌の状態や使用部分によって濃度を変えなくてはならず、それは医師は直接診察して決めています。

 

脇にも使用したい場合は、そのことを伝え別に処方してもらう必要があるのです。

 

 

ハイドロキノンを使用できない部分

 

ハイドロキノンは顔や体などあらゆる部分に使用されますが、市販のものは説明書をよく読み、処方された場合は医師や薬剤師さんの指示に従わなくてはなりません。

 

 

基本的にどこでも使用できるようですが、レーザー治療が受けられない口や目の周りは禁止されています。

 

また、紫外線が当たりやすい部分は特に注意しないと、シミが濃くなったり白斑の心配があります。

 

 

皮膚が薄い人や弱い人は、濃度が低いハイドロキノンでも赤く腫れたり、痛みを感じることがあります。

 

使い始めは誰でも赤みが出るようですが、数日続く場合は使用を中止して医師の診察を受けるようにしましょう。

 

ハイドロキノン注意

 

ハイドロキノンはとても効果が高い分、使用方法には細心の注意が必要です。

 

シミ一つ取るために使用したクリームが原因で、一生残る跡や大きな白斑ができたら悲しすぎます。

 

これは自己責任で正しく使用するしか避る方法がないのです。

 

 

意外と知らないハイドロキノンの正しい使用方法

 

ハイドロキノンを皮膚科で処方されても、詳しい説明が聞けなかったり、市販のクリームの使い方が分からない場合があります。

 

副作用がある成分なので、本当は正しく使用するための知識がないと、危険なものです。

 

しかし、いまいち効果的な使用方法が分からず、ネットで検索している人が非常に多いことに驚きます。

 

 

ハイドロキノンは、一般的な美白クリームとは違います。

 

ですから、洗顔後にいつも通りのケアをして、顔全体に塗ってしまったら大変なことになってしまうのです。

 

正しくは、ケア後しばらくしてから綿棒などでシミや黒ずみが気になる部分だけに乗せます。

 

擦り込むと言うよりは乗せるのが正しい使い方で、使いたい部分以外の皮膚に付着しないように気を付けましょう。

 

 

一日一回、夜だけ使用するものと、朝晩二回使用するタイプがあるので、確認してから使用するようにします。

 

ハイドロキノンを使用している期間は、冬であっても紫外線対策が必要です。

 

必ず日焼け止めを塗るようにし、できるだけ紫外線を浴びないように気を付けましょう。

 

長時間紫外線を浴びる可能性がある日は、ハイドロキノンを塗った部分を隠すか一時使用をやめるなどの調整も必要です。

 

 

正しい使用方法を守れば、シミだけではなく体のあらゆる部分の黒ずみを解消することができます。

 

不安な人は市販のものではなく、皮膚科で処方してもらうようにしましょう。

 

もっと詳しく知りたい方はこちらへ=しみを消すハイドロキノン

 

アットベリーのお得な公式サイト↓

page top