脇の黒ずみを最短で解消する方法

アットベリー↓脇の黒ずみに効果抜群!

脇の黒ずみを最短で解消する方法

 

脇の黒ずみは本当に嫌なものですよね!

 

せっかくきれいに脱毛しても肌が黒ずんでいると、水着だって恥ずかしくて着れません。

 

特に電車やバスを利用する機会が多い人は要注意です。

 

つり革や手すりにつかまっていると、ノースリーブを着ていなくても袖の隙間から脇が見えています。

 

黒ずんだ脇を他人に見られているなんて、恥ずかしいですよね・・・

 

 

この脇の黒ずみの原因は紫外線や衣類の摩擦、脱毛による肌への刺激ですが、正しいケアや治療によって解消することができるのaです。

 

肌は常に同じ状態ではなく、一定の周期で生まれ変わっています。

 

しかし、ダメージを受けた肌はこのターンオーバーが正常に行われていない可能性が高いのです。

 

脇の黒ずみがなかなか解消されない人も、同じようにターンオーバーが滞っているかもしれません。

 

ですから、それを正常に戻すことで、肌は新しく生まれ変わりきれいな状態に戻るのです。

 

 

とは言っても、原因になることをそのまま続けていては、黒ずみは解消されるどころかどんどん悪化してしまいます。

 

まずは、黒ずみの原因を排除し、正しいケアを心掛けましょう!

 

また、どうしても早く解消したい、確実にきれいにしたい人は皮膚科や美容外科で治療を受ける方法もあります。

 

 

レザーによる治療

 

脇の黒ずみがひどい人は、皮膚科や美容外科で治療を受けることができます。

 

しかし、どちらの場合も特別な場合を除き、保険適用外なのでコスト的にはかなりかかることになります。

 

ただし、レーザー治療もハイドロキノンも高いリスクを抱えています。別ページで解説していますので、こちらも必ず御覧ください。 こちら=皮膚科の治療で黒ずみは治るのか

 

まず、皮膚科と美容外科どちらを選ぶかですが、見た目をきれいにするための薬や治療方が多いのが美容外科です。

 

皮膚科は主に皮膚疾患という扱いなので、美容目的の場合は物足りない面がありますが、美容外科よりは安いことが多いようです。

 

皮膚科 黒ずみ

 

軽度の黒ずみの場合は、ハイドロキノンなどの塗り薬を使うことが多く、数千円程度で済みますが半年以上時間がかかります。

 

塗るだけでとても簡単なようですが、この薬はとても扱いが難しく、特に脇に使う場合はかぶれやかゆみを伴う場合があります。

 

また、紫外線を浴びてはいけないので、生活面での注意点があるため、誰でも簡単に使用できるとは限りません。

 

 

レーザーによる治療は主に美容外科で受けることが多いようです。

 

一度できれいになると思っている人が多いようですが、実際は程度により数回受ける必要があります。

 

料金も保険が適用されないため数万円から数十万円と、高額になってしまいます。

 

施術後は肌の刺激を避け、紫外線にも注意が必要です。

 

 

このように、黒ずみは病院で治療を受けることもできますが、必ずしも簡単で確実とは言えないのが現実です。

 

もちろん、この治療によって長年の悩みを解消している人もたくさんいますので、気になる人は一度受診してみてはいかがでしょうか?

 

 

自分で簡単にできるオススメケア

 

脇の黒ずみは病院で治す方法もありますが、実は自分でケアするのが一番簡単で確実かもしれません。

 

なぜなら、病院で処方される強い薬を使うことで色々な制約があり、注意しながら生活しないと逆に悪化させる、または新たな黒ずみやシミができるなどのトラブルが考えられます。

 

また、レーザーの場合も同じようにしばらくは注意しないと、跡が残る可能性があります。

 

このような強い刺激による跡は簡単には治らず、一生後悔するなんてこともあり得るのです。

 

 

そんなリスクを負ってまで治療をしなくても、脇の黒ずみ解消クリームを使えば、誰でも簡単にきれいな肌を手に入れることができます。

 

確かに、病院での治療に比べると即効性には欠けますが、肌に負担をかけないので安心です。

 

 

黒ずみ対策用のクリームは本当に効果があるものを選ぶことが大切で、なかでもアットベリーがおすすめです。

 

黒ずみ アットベリー

 

肌の奥深くまで浸透し、ターンオーバーを整えることで黒ずみが解消し、その後も黒ずみのないきれいな肌をキープすることができます。

 

 

脇の黒ずみは一生治らないと思っている人もいるようですが、そんなことはありません。

 

誰でも正しいケアを行うことで、憧れのつるつる肌を手に入れることができるのです。

 

アットベリーのお得な公式サイト↓

page top