化粧品・医薬部外品・医薬品の違い

アットベリー↓脇の黒ずみに効果抜群!

化粧品・医薬部外品・医薬品とは

 

化粧品

 

普段何気なく買っている化粧品。

 

実は、

  • 化粧品
  • 医薬部外品
  • 医薬品

の3種類に分けられているんです。

 

ハンドクリーム、シャンプー、スキンケアといった化粧品の中には、医薬部外品や医薬品にカテゴリーされている商品もあります。

 

パッと見の違いはありませんが、実は様々な違いがあるんです。

 

 

化粧品・医薬部外品・医薬品って何が違うの?

 

化粧品
基本的なスキンケア商品やメイク用品は化粧品にカテゴライズされています。
厚生労働省人許可不要。
メーカーの判断で自由に作ることが出来るのが、化粧品です。
自由な判断とはいわれていますが、化粧品には含めることが出来ない成分等が厳しく定められているので、許容範囲内でしか作ることが出来ません。
効果の高すぎる成分や副作用が生じる可能性のある成分は配合できないので、相応の効果しか望めないでしょう。
 
また、商品の効果効能の記載にも制限があり「ニキビが治る」はもちろん「ニキビを防ぐ」といった表現も使うことが出来ません。

医薬部外品
医薬部外品は、大雑把に言うと「薬」に分類される商品です。
厚生労働省が認可した、効果効能に有効な成分を一定の濃度で配合することが認められている商品となっています。
そのため、化粧品では使うことが許されていない成分を配合することが出来るんです。
そのため、「医薬部外品化粧品」「医薬部外品クリーム」等は通常の商品よりも高い効果を期待できるのではないでしょうか。
 
そして、有効成分が含まれているので「ニキビを防ぐ」等をパッケージに記載することもできます。

医薬品
医薬品は、治療目的のために販売されている商品です。
厚生労働省に認められた有効成分を配合することが出来ます。
医師が処方する薬もドラッグストアで販売されている薬も、どちらも医薬品に該当します。
もちろん効果を記載することは出来ますし、スキンケアに用いられている医薬品もあります。
しかし効果の高さから副作用が危惧されている製品もあるので気を付けましょう。
もし購入する場合は、副作用について確認をしてください。

 

医薬品

 

このように、実は厚生労働省によって細かく分類されているのです。
効果は確実に医薬品が一番上ですが、使用制限や副作用が不安ですよね。

 

市販されている製品で確実な効果と安全性を求めたいのであれば、医薬部外品が一番なのではないでしょうか?

 

安全に使えるラインで有効成分が配合されているのが、医薬部外品なのです。

 

アットベリーのお得な公式サイト↓

page top