アトピーの痒みは黒ずみの原因

アットベリー↓脇の黒ずみに効果抜群!

アトピーが原因の黒ずみは治る?

 

アトピー

 

アトピーになると痒いだけではなく肌も黒ずみができてしまうため、気になるという方も多いのではないでしょうか。

 

アトピーなど肌に炎症が起きると色素沈着を起こし黒ずみができてしまいます。

 

また長引いた場合いは掻くこともあるためさらに刺激が加わり、なかなか黒ずみが取れなくなる場合もあります。

 

アトピーになると避けられないのが黒ずみでもあるのです。

 

アトピーになったら肌のバリア機能も低下してしまいます。

 

そのため刺激をさらに受けやすくなるため掻いたり少し擦れることによって黒ずみができてしまいやすくなるのです。

 

ただ色素沈着といっても症状が改善され肌が正常になったところでターンオーバーが進めば黒ずみも改善する可能性もあるのです。

 

またかゆみを抑えることでも黒ずみ改善になるでしょう。

 

掻くことが原因となる場合、この刺激がなくなれば黒ずみはこれ以上作られることもありません。

 

ただ真皮まで届いた黒ずみに関しては治すことができない場合もあります。

 

そこまでひどくなってしまわないようにまずはアトピーを治すことから始め、は肌が落ち着いたところで保湿などを行いターンオーバーを正常にし黒ずみを治していきましょう。

 

アトピーが原因でも完璧ではなくても黒ずみは対処すれば時間がかかっても改善することができるので、諦めずにまずは治療から進めて改善後に黒ずみ対策を行いましょう。

 

 

 

脇も黒ずむ

 

 

アトピーの方にとってかゆみと同じぐらい悩ましいものが肌の黒ずみでしょう。

 

体のあちこちにできる黒ずみですが、脇にもできる場合があります。

 

特に女性の場合、ムダ毛の処理も行うのでより一層刺激が加わり黒ずみができやすくなります。

 

また脇は思っている以上にデリケートな部分でもあるのです。

 

脇の自己処理によって黒ずみができるメカニズムは、カミソリやワックス脱毛のほか除毛剤などの刺激によりメラニン色素が生成され色素が沈着してしまうためです。

 

その刺激にアトピーの炎症や掻く刺激が加わることでさらにメラニン色素が生成され色素沈着を起こしてしまうのです。

 

脇の自己処理や炎症の他、?きむしりによって脇の肌も乾燥してしまいます。

 

乾燥することによって肌のターンオーバーも乱れてしまうので、より一層色素沈着を起こしやすい状態になっているのです。

 

アトピーは肘の内側や首、膝の裏にできるためその部分も黒ずみやすいのですが、脇も黒ずむためケアが必要となります。

 

脇も痒くなるという方も少なくはないでしょう。

 

かゆみが出る部分はもちろん黒ずみができるのですが、それは決まった場所だけではないのです。

 

ただ脇の自己処理を止めるわけにもいかないでしょう。

 

ムダ毛の処理も大切なので、できるだけ自己処理の方法も肌に負担がかからないように注意し、処理後のケアもしっかりしましょう。

 

 

 

ステロイドが原因の可能性も

 

 

アトピーの治療薬として有名なステロイド、強い薬でもあるため使用に関してはかなり注意される方も多いでしょう。

 

またアトピーになるとできる黒ずみですが、それはステロイドが原因だと思っている方も多くいます。

 

実はステロイドによる黒ずみはステロイドの副作用などではないのです。

 

確かにステロイドが原因である場合もあります。

 

ステロイドが原因となっているのは、ステロイドの使用期間にあるのです。

 

ステロイドは炎症が治れば使用をやめてくださいなどの注意をされる場合があります。

 

そのためしっかり治りきっていないのに使うのをやめてしまう方がいるのです。

 

中途半端な状態でステロイドをやめてしまうと肌の表面は綺麗でも奥に残った炎症がまた肌に出てくる場合があります。

 

このように炎症を繰り返してしまうと黒ずみができやすくなるのです。

 

ステロイドにより黒ずみができてしまうのではなく、できてしまう黒ずみはアトピー炎症後にできてしまうものなのです。

 

完治させずにステロイドをやめてしまうことで、より濃い黒ずみとなる場合もあるのです。

 

できるだけステロイドは用法を守り、医師との経過観察後に使用をやめるようにしましょう。

 

ステロイドもアトピーには欠かせない薬とされています。

 

しっかり治してから黒ずみ対策をして綺麗な肌を手に入れましょう。

 

 

 

アトピーでもできるケア

 

 

アトピーになるとお医者様から処方された薬しか使用できない時期などがありますよね。

 

ですがやっぱり黒ずみは気になるものです。

 

そんな時は一度お医者様にも相談した上で使用できるケア用品などを探しましょう。

 

まず一番に有効なのが低刺激性の保湿剤です。

 

保湿はアトピーの治療にも欠かせませんし、黒ずみのケアにも重要な役割を果たしてくれます。

 

できるだけ保湿を入念に行い、肌を柔らかくしていきましょう。

 

乾燥が進むとかゆみもひどくなる可能性もあります。

 

乾燥やかゆみを防ぐためにも、まずは保湿をしましょう。

 

保湿をすることで肌のターンオーバーも進んで黒ずみ改善も徐々にできるようになるでしょう。

 

また体の中からのケアも重要です。

 

刺激のある食べ物はアトピーには厳禁なので控えるようにしましょう。

 

抗酸化作用のある食材のカボチャなどはビタミンCやE・Aなどもたくさん含まれています。

 

スープなどにして取り入れるようにしましょう。

 

また鉄分やたんぱく質も肌にとっては重要です。

 

バランスの良い食生活もアトピー改善に繋がることはもちろん、黒ずみ改善にも必要なのです。

 

保湿剤に関しては医師との相談も必要ですが食事に関しては栄養素がたっぷり含まれる食材もたくさんあります。

 

自分でも簡単に取り入れることができるので実践してみましょう。

 

 

 

 

 

アットベリーのお得な公式サイト↓

page top