脇の黒ずみの種類

アットベリー↓脇の黒ずみに効果抜群!

意外と知られていない脇の黒ずみの種類

 

脇の黒ずみは誰にとっても嫌なものですが、実はそれにも種類があるってご存知でしょうか?

 

元々肌が弱い人だけではなく、毎日何気なくやってしまうことで黒ずみを作っている可能性があるのです。

 

 

一般的な黒ずみは、衣類やかみそりなどの摩擦により、メラニン色素が過剰に生成されること生じるます。

 

これは、脇に限らず腕や脚なども同じです。

 

しかし、他にも黒ずみがあるなんて想像できませんよね?

 

 

黒ずみの種類なんて想像できないと思いますが、多く分けて3つあります。

1.間違った脱毛による埋没型黒ずみ

 

2.毛穴に汚れや皮脂が溜まった黒ずみ

 

3.紫外線や摩擦による色素沈着

 

 

これらの3つの黒ずみは原因が違うため、当然ケア方法も異なります。

 

間違ったケアをしても黒ずみは解消されず、逆に悪化することも考えられるのです。

 

 

黒ずみの程度もいくつかあり、まだ軽度の場合はなんとなく他の肌と色が違うのが分かります。

 

このときに気づきケアを始めることで、かなり簡単に元通りの肌に戻すことができるのです。

 

部分的にひどく黒ずんだり、炎症を起こしている場合は進行している証拠ですので、痛みが伴ったり腫れがある場合は病院で塗り薬を処方してもらいましょう。

 

 

このように、自分の黒ずみの状態をしっかり観察し、どれに分類され程度を知ることが大切なのです。

 

 

それぞれのケア方法

 

脇の黒ずみにもいくつかの種類があることをお分かりいただけたと思いますが、これらは原因が違うためケア方法もそれにあったものを選ばなくてはなりません。

 

まず、脱毛による埋没ですが、これは主にかみそりや自宅で行う脱毛器によるものです。

 

脱毛で肌がダメージを受けると、それに危機感を感じた肌がかさぶたを作ることが原因で、毛穴に残った毛が行き場を失い中で成長してしまうのです。

 

これが多発すると、肌が全体的に黒ずんで見えます。

 

解消するためには無理な自己処理をストップし、光脱毛やレザー脱毛を受けることで徐々に解消します。

 

どうしても自分で処理したい場合は、抜くのはやめ毎回新しいかみそりを使うなど、肌へのダメージを最小限に抑えましょう。

 

 

毛穴に汚れが溜まっている場合は、ゴシゴシこするのではなくきめ細かな泡で優しく洗い、そのあとにしっかりケアクリームを塗りましょう。

 

 

一番多い色素沈着は、その原因になる摩擦を避けることはもちろん、毎日のケアがとても大切です。

 

唯一の方法は、肌のターンオーバーを促し古い角質を早く剥がすことです。

 

それによって、新しい皮膚が作られ徐々に黒ずみが解消するので、毎日欠かさず黒ずみ対策用クリーム・アットベリーを使うことをおすすめします。

 

アットベリーのお得な公式サイト↓